So-net無料ブログ作成

大人のぬりえ本『ウィリアム・モリスのぬり絵』エクスナレッジ(2015年12月刊行) [ぬりえ]

『ウィリアム・モリスのぬり絵』
出版社: エクスナレッジ (2015年12月刊行)

19世紀イギリスで活躍した「モダンデザインの父」と呼ばれるウィリアム・モリスのデザインをもとにした大人のぬりえ。
ロマンティックで精密な壁紙やテキスタイル(プリント布)やブックデザインは見たことがると思います。

前半はモリスやモリスの工房がデザインした作品をもとに、ぬりえとして楽しめるようにこの本のために描かれたモノクロ画。
植物、花、葉、果実、小鳥、森の動物などが主なモチーフです。
後半はぬりえのもととなった作品をカラーで紹介しています。

X-Knowledge(エクスナレッジ)

X-Knowledge - 書籍検索 - ウィリアム・モリスのぬり絵
出版社商品紹介

『ウィリアム・モリスのぬり絵』
ウィリアム・モリス (著)
単行本(A4変形・25×25cm/ソフトカバー)96ページ/白黒83ページ、カラー13ページ
装丁:名和田耕平デザイン事務所
イラスト:五条萌、吹野晃平、高橋慧
監修(巻末作品一覧):前田雅晴(福岡大学名誉教授)
印刷:シナノ印刷株式会社
出版社: エクスナレッジ
発売日: 2015/12/23
商品パッケージの寸法: 25 x 25 x 0.8 cm
1,404円(税込)1,300円(税抜)

>詩人であり、作家、画家、デザイナー、実業家、翻訳家、
>社会主義活動家でもあったウィリアム・モリス(1834-1896年)。

>イギリスの中流階級の裕福な家庭に生まれ、
>大邸宅と豊かな庭、それにつづく美しいに森に囲まれて育った彼は、
>自然をモチーフにしたクリエイションを、生涯にわたり制作しました。
>本書は、なかでも特に人気の高い、壁紙やインテリアテキスタイル、
>ブックデザインを中心にぬり絵にしました。

>《いちご泥棒》、《兄弟うさぎ》、《やなぎ》、《ジャスミン》など有名な作品から、
>フィリップ・ウェッブら同時代の仲間との共作《森》、
>モリス自身が設立した印刷工房の大作《ジェフリー・チョーサー作品集》など、
>名作を自由な感覚で色付けして楽しめます。
>(巻末に作品解説一覧あり)





ウィリアム・モリスのぬり絵
【アマゾン】

ウィリアム・モリスのぬり絵
【楽天ブックス】

《関連記事》

新しい大人のぬりえコロリアージュ『ひみつの花園』ジョハンナ・バスフォード(グラフィック社)



大人のぬり絵本@夏貸文庫

大人のぬり絵本>コロリアージュ@夏貸文庫

画材置場@夏貸文庫
色鉛筆、水彩絵具など手軽に扱える画材の紹介。

和柄・和の模様・和のデザイン@夏貸文庫


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。